電車に乗っていると、アジア系の両親と4歳くらいの女の子が
乗ってきて私の前に座りました。
座ってすぐに母親はリュックからA4サイズの紙を取り出して、
その4歳の女の子に何やら説明をはじめました。
女の子もウンウンと真面目に聞いています。
そして、母親が女の子に紙とペンを渡しました。
女の子は黙々と書いています。問題を解いていたんです。
最初は迷路のようなものでした、次は計算問題のようなもの。
いつも母親が説明して、娘が回答を書いて、その後必ずその問題に対して
解説をします。

乗っている1時間ほどでしょうか。テーブルがあるわけでもないその状況で
ずっと勉強をしている家族。私には衝撃的でした。

というのもその日の午前中に全く同じような状況で
日本人の母親二人と子供3人が電車で私の前に乗っていて
お菓子を食べながら、あまりマナーがいいとは言えない状況で
同じ1時間電車を乗っているのを見ていたから。
1時間ひとつでこうも違うのかと。

色々考えながら、そのアジア系の家族を見ていると
勉強だからすごいと思ってしまう。でも、女の子にしたらゲームと
同じように面白いものだという認識で解いているのかもしれません。
ぐずることもなく、黙々と解いて、目的の駅まで静かに乗っていました。

こういう教育もあるんだなぁと思いました。
お母さん、とっても凛々しかったです。いい姿を見させていただきました。