お久しぶりです。
悶々とした冬の終わりから春へ。
少し気分が桜色になってきました。
明日で3月も終わりです。

一瞬咲いては散ってしまう桜も、ちらほらと咲きはじめています。近くの神社は夜になるとピンクの提灯が点いて、まるで桃源郷かと思わせるような雰囲気。夜どれくらい咲きはじめているのか見がてら、散歩に行くのが最近の楽しみです。

春は別れと出会いの季節ですね。寂しい気持ちと新たな出会いのわくわくした気持ちの間で不思議な感覚です。
最近思うのは、悲しい気持ちもちゃんと悲しいと出しておくこと、腹が立ったらどこかで私、怒ってるよと出しておくこと(その人の前でなくても)。そういう素直な気持ちをきちんと出しておかないと本当に嬉しい時、感動した時に正しく心が動かないような気がしています。自分の気持ちを正直に。その感覚を大切にしておく。そうしないと自分がどう思ってるかも自分がわからない。

自分の気持ちに素直でありたいなと思っています。

周りにどう思われるかよりも、自分に正直に。
自分の気持ちを知った上での振る舞い。
そこに大人の品格があるように思います。

今日はある人に会いに岡山へ。誰かに会いに行くときはその準備から、道中もそして帰りもその人への時間な気がしますね。
そう思うと、誰かが会いに来てくださることは、とてもとてもありがたいと改めて感じます。

今日も薄桃色の豊かな日でありますように。
また明日。