今日は蚤の市。昨年の11月にはじめて開催させていただきました。きっかけは京都の童仙房にあるARABONさんにはじめて訪れた時に、のばらさんとお話ししていく中で、「誰かがいらなくなったものをまた、誰かのものになる。洋服がいらない人、雑貨がいらない人。そこが上手につながったらいいのに。そういうのやってよ。」そんなお話をさせていただきました。山を降りる頃、車に乗りながら、頭の中はその蚤の市のことでいっぱいでした。まずは、どんな風な蚤の市をしたい?私でできる?何か問題がある?そんなことをぐるぐるぐるぐる、考えてました。家に着く頃にはもう開催することを決めてました。不思議です。のばらさんに会わなければ、蚤の市をしようとも思ってないわけですし、開催しようと思えるよう背中を押してくれるその押すやわらかな力。しなくてもいいし、したら楽しいよ。くらいの強さ。心地が良いのです。私が蚤の市のルールで決めたのは、素敵な暮らしをされている方々を招待して、出店していただく。コーヒー片手に、思い入れのあるお品物と人とがつながるやわらかな場所にすること。昨年、開催してみてたら、たくさんの方にお越し頂き、お品物も一瞬でなくなってしまうほど大盛況でした。今年もtsuzuruさんに「いつ蚤の市、今度はしますか?」そうおっしゃっていただいて、2回目を決めました。そこから、あれよあれよという間に出店者が決まりました。素敵な方ばかりで感謝の気持ちでいっぱいです。さて、今日も楽しい蚤の市になりそうです。お時間が許す方はぜひお越しくださいませ。お待ちしています。
年末まで、あと203日。誕生花はアミガサユリ、ビジョナデシコ、カンパニョラ、ユリなど。今日が特別な日の方、おめでとうございます。そうでない方も、いい一日になりますように。私にとって、特別な日になりそうです。感謝の気持ちを持って過ごそうと思います。