無事に蚤の市が終わり、そのあとのお食事会も終え、少しほっとした月曜日。料理を仕込んだり、片付けや掃除をして、人をもてなすということは、どちらかというと好きなほう。関わってる人たちに改めてお礼って、なかなかできないもの。だから私はよくお料理をつくり、食べていただくことでささやかな感謝の気持ちを添えさせていただいています。時にはじめましての気持ちを添えることもあります。事前に献立を立てて、嫌いなもの、好きなもの、食べられないもの、季節を感じるもの、野菜やお肉、魚のバランスが取れているかなどを移動時間の中で、よく考えることが多いです。いつかこの献立を筆で、さらさらっと書いてお料理の近くにでも置けれるようになりたいなとずっと思っています。お料理はあまり手の込んだものは作りませんが、下処理はきちんと手間をかけるようにしています。野菜のアク取り、エビや魚などの下処理。下味をつけたり、もやしの髭をとったり、ちまちましたことを最初に行います。こうすることで、料理は格段に洗練されるように感じています。特に主人はそういった料理をよく好むので、というかわかってしまう人なので、なるべく時間が大丈夫な時は、手間暇をかけるようにしています。美味しい調味料は本当にたくさん出回っていますし、美味しい野菜や食材たちも比較的手に入りやすいと思います。あとは一手間をかけられるかどうかが、料理の美味しさの秘訣のように思います。昨日の会は、本当に珍しくも嬉しい人たちばかりで、夢のような時間でした。また楽しいひと時を別の機会にご用意したいと思います。
年末まで、あと202日。一日一日を大切にしたいですね。誕生花はライラック、木犀草、ユッカ、スパティフィラム。今日は恋人の日だとか。今日が特別な日の方、おめでとうございます。そうでない方も素敵な一日をお過ごし下さい。