昨日は夏至でしたね。一年の中で最も昼が長い日。夏至は二十四節気のひとつ。これから暑い夏の盛りへと向かう気がしてきます。春から順番に春分、夏至、秋分、冬至と一年はめぐっていきます。夏至と冬至では、昼の時間が約4時間から5時間弱も違うようですね。毎年同じ日なのではなく、太陽の位置を目安に日にちが定められるので、その年ごとに日にちが変わります。中国茶を習っていると先日も少し書きましたが、二十四節気についても少しずつ学ばせていただいています。忙しいとついつい、月の満ち欠けや、季節の移ろいに疎くなってしまいます。寂しいことですね。今はどういう季節なのかきちんと感じれる人でありたいと思っています。昨年、ストックフォルムに行ったときは、向こうは白夜で驚きました。白夜だと聞いているのと、実際体験するのは全然違っていて。夜の8時でもまだまだ明るくて、最初は楽しかったんですけど。次第に疲れてしまいました。暗くなってくれないと、一日が終われない自分がいました。こんなにも太陽の力で自分のサイクルができていることを感じたことはなかったですね。暗いから、一日が終わると実感する。朝が来るから、起きようと思える。季節を感じて、その季節に体を預けるだけできちんとしたサイクルが巡りそうです。

年末まで、あと192日。誕生花はセントポーリア、ダイヤモンドリリー、吸葛、鎌酸実。今日が特別な日の方、おめでとうございます。そうでない方も自分を大切に、自分に心地いこと一つはしてくださいね。私もそうします。笑顔に満ちた日になりますように。