七十二候でいうと、今日は蓮始開(はすはじめてひらく)頃。二十四節気は半月ごとの季節の変化を表現していますが、それをさらに5日おきに分けて、植物や、動物、気象の動きなどを知らせてくれるのが七十二候(しちじゅうにこう)。二十四節気と同じく古代中国で作られたそうです。江戸時代に日本の気候に合うように改定されて、「本朝七十二候」が作られました。二十四節気が古代のものがそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更されてきたようで、現在主に使われているものは、明治時代に改訂された「略本暦」のもの。私たちがなかなか目にすることができない事柄もありますが、繊細な季節の移ろいをこの言葉で、感じさせてくれます。ちなみにこの二十四節気と七十二候の「気」と「候」の漢字を使って、気候という言葉が出来たそうです。面白いですね。蒸し暑くて、身体もだるくなんとなく本調子ではない感じがする日々が続いていますが、蓮の咲き始める頃かと思うと、少し心の捉え方が変わるから不思議です。日本人が持つ、この繊細さを備えて、心に栄養をあげたいです。

年末まで、あと172日。誕生花はダリア、トリコ桔梗、銭葵。今日が特別な日の方おめでとうございます!そうでない方も蒸し蒸し暑い日ですが、汗をいっぱいかいて、スタミナつけて、これからの暑い夏を乗り切りましょう!