昨日は天皇即位の儀があり、一昨日から少し日本はざわざわ。
私はあまりテレビも見ないし、インターネットニュースを見ないからか
遠い出来事のように感じています。
ただ、歴史の中で一つ大きな出来事に立ち会ってることは事実のように思います。

一昨日は新しく入社してくれたスタッフが夜ご飯を食べに来てくれて
久々にしっかりめに料理をする時間が持てました。
家を整え、飲み物を準備し、ゆるく静かに音楽が流れ
美味しい食べ物が並ぶ。その光景が私は大好きです。

会話はとても他愛ないものばかりで、しゃぼん玉が弾けるように
会話がふわっと上がり、また消え、またふわっとそんな時間のようでした。

献立は

鯛と蓮根の柚子胡椒和え

菜の花、エリンギ、薄揚げの和え物

かぼちゃ・ピーマン・ナスの揚げ浸し、大根おろし添え。

豆苗とちくわの春巻き

白菜と鶏肉のスープ

餃子

最近は食後はケーキよりも中国茶と果物が好きです。
喉越しがいいのかもしれません。
そして、皆で包む餃子。
得意、不得意あってとっても楽しかったです。

なんでもそうですが、料理の美味しい秘訣は
骨惜しみしないこと。手間暇、愛情かければ確実に美味しくなります。

今日も良き日に。